査読論文  English title and abstract are on the link 

 

山道あい  水内佑輔  古谷勝則(2018):医療機関の立地特性とホームページの言及にみる自然公園:ランドスケープ研究81(5), 553-558

 

Hadi, A. A., Mizuuchi, Y., Dwi, S., Honjo, T., & Furuya, K. (2017): Identifying Visitor Preferences for Locations and Features In Bogor Botanical Garden, Indonesia, using GPS Tracking and Geo-tagged PhotosJournal of Architecture & Environment 16(1), 27-40 

 

Hadi, A. A., Mizuuchi, Y., Honjo, T., & Furuya, K. (2017): Identifying Impressive Landscape Objects Based on Geotagged Photographs (A Case Study of Self-Portraits and Ordinary Photos)Journal of Indonesian Tourism and Development Studies 5(2), 73-80  

 

水内佑輔 粟野隆(2017):大正・昭和初期の京都府間人における東山公園設立経緯と谷源蔵の考え:ランドスケープ研究80(5), 419-424

 

水内佑輔 古谷勝則(2017):国立公園法成立をめぐる政治過程とその背景:日本建築学会計画系論文集 82 (733), 635-645

  

水内佑輔 古谷勝則(2016):1930年代の国立公園の選定の経緯と田村剛の評価の枠組み:ランドスケープ研究(オンライン論文集) 9(0), 103-114

 

水内佑輔 古谷勝則(2016):帝国議会と行政の関係をふまえた国立公園行政の開始に関する研究:ランドスケープ研究(オンライン論文集) 9(0), 63-71

 

水内佑輔 野嶋太智 古谷勝則(2016):明治の森高尾国定公園を事例とした自然公園における森林トレイル利用者の風景評価:ランドスケープ研究(オンライン論文集) 9(0), 91-102

 

水内佑輔 粟野隆 古谷勝則(2016):金剛山国立公園計画からみる田村剛と上原敬二の計画思想に関する研究:ランドスケープ研究79(5), 431-436

 

町田怜子 保田真紀  水内佑輔  田中伸彦(2016):観光実業家・油屋熊八の人物史からみる阿蘇くじゅう国立公園観光道路の成立過程:ランドスケープ研究79(5),489-494

 

松本剛  水内佑輔  古谷勝則(2016):写真投影法と空間情報技術を用いた小石川後楽園の利用形態把握に関する研究:ランドスケープ研究79(5), 472-477

<日本造園学会ベストペーパー賞 受賞>

 

Mizuuchi, Y., Son, Y., Kang, M., Furuya, K. (2015)Constructing a Survey Method for Landscape Evaluation Using Visitor Employed Photography and GPS   : Landscape Research Japan Online 8 (0) , 1-7

 

水内佑輔 古谷勝則 (2015):国立公園の成立期における田村剛の示す「風景」概念 と用法ランドスケープ研究(オンライン論文集) 8(0), 8-17

 

水内佑輔 古谷勝則 (2014):大正期における田村剛の示す国立公園の風景とその変遷ランドスケープ研究77(5), 413-418

 

水内佑輔 古谷勝則 (2013):霧島神宮境内地の国立公園指定に至る経緯ランドスケープ研究76(5), 433-438

<日本造園学会ベストペーパー賞 受賞>

 

水内佑輔 古谷勝則 (2012):国立公園指定における伊勢志摩国立公園の特異性の背景と伊勢神宮の関係 ランドスケープ研究75(5) ,389-394

紀要・依頼論文

水内佑輔  (2018):国立公園におけるインバウンド観光の系譜-本多静六、国立公園の誕生から満喫プロジェクトへ-:森林科学 82,9-12

 

水内佑輔  (2017):造園雑誌からみる国立公園の思想・計画-その実践と混沌-:ランドスケープ研究 81(3),294-295

 

水内佑輔  (2017):国立公園の成立における計画思想と政治社会的背景:ランドスケープ研究 81(2),165-169

 

水内佑輔  (2017):東海自然歩道における沿道景観の変遷 -愛知県を事例に-:風景計画研究 2,26-27

 

水内佑輔  (2016):黎明期の造園学における風景の取扱い方とその変遷:風景計画研究 1,26-29

 

水内佑輔  (2016):「田村剛の計画思想からみた国立公園成立史」に至る顛末:國立公園 740, 20-23, 

 

水内佑輔  (2014):空間への価値付けからみる国立公園の多面的な歴史ランドスケープ研究78(3), 218-221

 

水内佑輔  (2012):明治神宮林苑造営と造園学の系譜をめぐる一考察-明治神宮から伊勢神宮へ-:明治神宮国際神道文化研究所 神園8,114-129

 

水内佑輔 (2010):西洋文化としての公園:龍谷大学法学論集 39

著書

水内佑輔  (2015):明治神宮林苑から伊勢志摩国立公園へ明治神宮以前・以後 -近代神社をめぐる環境形成の構造転換- :鹿島出版会 

受賞

平成28年度日本造園学賞(研究論文部門)

 

平成26年度日本造園学会学賞奨励賞

 

平成25年度日本造園学会関東支部優秀研究発表賞

 

平成25年度日本造園学会全国大会ベストペーパー賞

 

平成24年度千葉大学大学院園芸学研究科優秀研究賞

 

研究発表(審査付き)


 

Mizuuchi,Y. Furuya,K. :A Study on Look up View’s Evaluation: A Case of Takao Quasi-National Park: JpGU - AGU Meeting 2017 Japan Geoscience Union Meeting, Chiba, May.2017

 

Mizuuchi,Y. Furuya,K. : Landscape perception of Takao Quasi-National Park using by Visitor-Employed Photography and Spatial Information Technology: JpGU Meeting 2016 Japan Geoscience Union Meeting, Chiba, May.2016

 

Mizuuchi,Y(2015):History of National Parks of Japan from the Perspective of Landscape Architecture:The Third Conference of East Asian Environmental History (EAEH 2015),Oct. 2015

 

Mizuuchi,Y. Son,Y. Kang,M. Furuya,K.(2014):Landscape Evaluation Method by Visitor-Employed Photography with Usage of Cellphones- Case Study of Mount Gwanak, Korea : JpGU Meeting 2014 Japan Geoscience Union Meeting,Apr. 2014

 

 Mizuuchi,Y. Son,Y. Furuya,K.(2013):Comparative Study on Forest Image Between Japan and Korea From the Perspective of Natural Resources:The First Asia Parks Congress, Sendai, Nov. 2013

  

Mizuuchi,Y. Furuya,K. Son,Y.(2013) : A Comparative Study on Landscape Evaluation Between Japan and Korea : JpGU Meeting 2013 Japan Geoscience Union Meeting, Chiba, May.2013

 

研究発表(審査なし)

 

水内佑輔(2017):黎明期の国立公園における観光資源とその位置づけ:第128回日本森林学大会, 2017年3月

 

水内佑輔 粟野 隆(2016):大正・昭和初期に設立された私設公園の京都府間人・東山公園の設立の経緯:平成28年度日本造園学会中部支部大会, 2016年11月

 

松本剛 Minseo KIM 小堀貴子 孟蝶 岡田悟 大畠拓真 水内佑輔 古谷勝則(2016):東京都特別区とソウル特別市の区の木から見る両国におけるシンボルツリーの役割:平成28年度日本造園学会関東支部大会, 2016年11月

 

Hadi,A, A Mizuuchi, Y. Furuya, K(2016):Exploring Attractive Landscape Elements and Sceneries of Bukit Kucing Forest Tanjungpinang by using Visitors-Employed Photography Method:The 7th Indonesia Japan Joint Scientific Symposium, Nov. 2016

 

水内佑輔 古谷勝則(2015):本多静六らの「風景の開放」といった言説に関する一考察:平成27年度日本造園学会関東支部大会, 2015年11月

 

松本剛 水内佑輔(2015):空間分析を用いた小石川後楽園の利用形態に関する研究:平成27年度日本造園学会関東支部大会, 2015年11月

 

Akhmad Arifin Hadi Yusuke Mizuuchi(2015):Comparing Visitor Employed Photography method and Questionnaire to obtain Respondents' Preferred Landscape Elements in Bukit Kucing Forest:平成27年度日本造園学会関東支部大会, 2015年11月

 

Ye,K. Koarai,M. Nakano,T. Mizuuchi,Y. (2015):Landscape Character Assessment for Area Management of National Territory -Example Study of Kanto-Koshinetsu Region, Japan- : International Conference 2015 on Spatial Planning and Sustainable Development, Taipei, Aug. 2015

 

小荒井衛 芮京禄 中埜貴元 水内佑輔 (2015):災害特性と景観特性から見た地域特性区分の統合:日本地球惑星科学連合2015年大会, 2015年5月

 

芮京禄 小荒井衛 水内佑輔 中埜貴元 (2014):国土のエリアマネジメントのための地域特性区分:関東甲信越地域を事例に:GIS学会第23回研究発表大会, 2014年11月

 

水内佑輔 古谷勝則 (2014):国立公園の成立における田村剛の役割:平成26年度日本造園学会関東支部大会, 2014年11月

 

Mizuuchi,Y. (2014):A Study about Landscape Perception by the method of Visitor Employed Photography on Mt.Gwanaksan in Seoul, Korea : The Japan - Korea student seminar on Landscape studies 2014,Awaji,Feb ,2014

 

芮京禄  水内佑輔 野嶋太智 (2013):ランドスケープ特性評価の視点から見た日本の地域特性区分:GIS学会第22回研究発表大会, 2013年10月

 

芮京禄 小荒井衛 水内佑輔 野嶋太智 (2013):ランドスケープ特性評価手法を用いた関東甲信越地域のランドスケープ多様性分析:平成25年度日本造園学会関東支部大会, 2013年10月

 

水内佑輔 田邉徳子 古谷勝則 (2013):国立公園の選定における田村剛の視覚:平成25年度日本造園学会関東支部大会, 2013年10月

 

水内佑輔 (2013):国立公園指定における伊勢志摩国立公園の特異性の背景と伊勢神宮:平成24年度千葉大学大学院園芸学研究科公開研究発表会「食と緑のサイエンス」, 2013年3月

 

Mizuuchi,Y.(2013):Difference in the Landscape of Korea and Japan Among University Students in Korea:ITP Korea-Japan Student seminar program, Seoul, Mar. 2013

 

水内佑輔(2012):田村剛による国立公園の選定における風景評価:平成24年度日本造園学会関東支部大会, 2012年11月

 

水内佑輔(2012):明治神宮の林苑計画をめぐって 造園学と森林美学の系譜から:第10回国際神道文化研究会, 2012年4月

 

水内佑輔 古谷勝則(2011):伊勢志摩国立公園指定の背景における石神甲子郎と伊勢神宮,明治神宮の関係性について:平成23年度日本造園学会関東支部大会, 2011年11月

 

外部資金獲得状況

     日本学術振興会若手研究者インターナショナル・トレーニング・プログラム(2012年):360千円:代表

        ※ Seoul National Universityへ留学(2012年10月~2012年12月)

日本学術振興会若手研究者インターナショナル・トレーニング・プログラム(2013年):360千円:代表

        ※ Seoul National Universityへ留学(2013年9月~2013年11月)

AGSST若手研究者支援プログラム(2013年9月~2014年3月):65千円:代表

戸定学術振興会助成金(2013年4月~2014年3月):30千円:代表

日本学術振興会特別研究員奨励費:(2014年4月~2016年3月):造園空間としての神社の史的研究及びその保全のための多義的緑地評価システムの構築:1900千円:代表

日本学術振興会二国間交流事業共同研究:(2014年7月~2016年6月):自然風景評価の日韓比較によるニューツーリズムへの展開:2400千円:分担

担当経験のある科目

  人の手で造り管理する森林-林業・風景計画の視点から (東京大学 教養学部)

森林流域管理学 (分担)(東京大学大学院農学生命科学研究科)

自然環境保全セミナー(集中) (千葉大学大学院園芸学研究科)

自然風景計画学 (集中)(千葉大学大学院園芸学研究科)

 

 査読雑誌

     ランドスケープ研究(4)、都市計画論文集 (1)、演習林(1)、日本森林学会誌(1)